ノンコメドジェニックテスト

ノンコメドジェニックテスト(ハイポコメドジェニックテスト) ニキビを生じにくい製品かをチェックする試験です。 塗布部でのマイクロコメド(ニキビの元)の変化を観察し、評価します。
ノンコメドジェニックテスト

ノンコメドジェニックテスト(ハイポコメドジェニックテスト)

被験者 被験者基準を満たす日本在住の日本人男女
被験者数 6名または10名
試験期間 48時間閉塞適用処置を、同一部位に週3回、3〜4週間にわたり実施
投与経路 経皮。背部(脂腺性毛包が多数ある部位)
必要検体量 100〜150g程度
判定、評価 マイクロコメドを日本皮膚科学会認定の皮膚科専門医が評価します
記載可能項目 ノンコメドジェニックテスト済み(ハイポコメドジェニックテスト済み)
※ 結果速報、試験報告書(皮膚科専門医署名あり)がすべて含まれます(画像についてはニキビ反応が認められた場合にのみ該当事例の画像を添付)。
※ ノンコメドジェニックテストの費用つきましては「お見積りフォーム」からお見積りをご請求ください。
※ ノンコメドジェニックテストはRIPTの日程に合わせて定期的に実施しています(年4回程度)。(なお、一度に実施可能な試験検体数に限りがあるため、お申し込み状況によってはお問い合わせから実施までかなりのお時間をいただくことがございます。
化粧品パッチテスト、RIPT、安全性試験の受託| (株)S2リサーチラボ
タイトルとURLをコピーしました