スティンギングテスト(低刺激性化粧品テスト)

低刺激性化粧品の評価のため、かゆみやヒリヒリ感を評価するテストです。

低刺激性化粧品の根拠として有用な試験です。

この試験により、「低刺激性」「刺激が少ない」といった表現が可能となります。

<次回以降の試験日程>
2018年10月1日(月)〜3日(水)
2018年11月5日(月)〜7日(水)


かゆみやヒリヒリ感を評価する感応性テストです。敏感肌化粧品の評価にお勧めします。
被験者 規定の刺激感応性試験により選抜された日本在住の日本人男女
被験者数 6名
投与経路 経皮。顔
必要検体量 10~15g程度
判定、評価 日本皮膚科学会認定の皮膚科専門医による皮膚反応の有無をチェック後、時間の経過とともに変化する感覚刺激を被験者が評価します。
記載可能項目 「スティンギングテスト済み」「低刺激性」「刺激が少ない」
※試験結果速報、最終結果報告書(日本語、皮膚科医サインあり)がすべて含まれます。
※試験可能な試験検体は化粧品等の液体状の製品(クリーム、オイル含む)のみとなります。
※ 1検体あたりの検査費用(税別):
・パッチテストまたはRIPTと同時お申し込みの場合 5万円
(例:1検体をパッチテストと同時お申し込みの場合、パッチテスト(20名)11万円+スティンギングテスト5万円で合計16万円となります。)
・単独でのお申し込みの場合      10万円
※大口割引のほか、各種割引もご用意しておりますので、まずはこちらよりお見積もりをご請求ください
※スティンギングテストは月1回程度、定期的に施行しています。日程は弊社HPのニュースリリースでご確認ください。なお、お急ぎの場合、お申し込みの検体数によっては別途日程を設けることも可能ですので、お気軽にご相談ください。